珈琲豆について

  

珈琲gouでは、名古屋市一社にあります「coffee Kajita」

 スペシャルティコーヒーを使用しております。

jeff kubina.jpg

 

スペシャルティコーヒーとは

SCAJ(日本スペシャルティコーヒー協会)では「コーヒーのカップに至る全ての工程でベストが尽くされたコーヒーに与えられる

称号」という定義が定められています。

この定義に感銘を受け、数多くのプロセスの中のその最後の工程にベストを尽くして参加しております。

また、このプロセスの中で焙煎はコーヒーの香味を左右する重要な工程であり、誰が焙煎したものかによって大きく変わります。

スペシャルティコーヒーの最大の魅力は豆の個性(キャラクター)にあります。

豆の品質、ロースト釜の性能はもちろん大切ですが、何よりも技術とセンスがコーヒーの香味の個性を生み出すということです。

スペシャルティコーヒーを取り扱うお店は多々ありますが、「珈琲gou」オープンにあたり、豆はKajitaのものを強く思ったのは、「coffee kajita」の梶田氏が知人であったということもありますが、梶田氏の焙煎の技術そして何よりもセンスが素晴らしいと

実感したからです。

「coffee kajita」で頂く珈琲は間違いなく素晴らしいです。その同じ産地同じ農園、同じ焙煎の豆を使いどこまで「gou」らしく表現できるか・・・・を課題としております。


 

世界のコーヒー生産地のコーヒー農家から始まる

ベストの尽くされた個性的な珈琲を是非お楽しみ下さい。

▲このページのトップに戻る